動画 アダルト動画 ライブチャット








2007年12月30日

風邪

どうもマジカナが風邪をひいたらしい。

なんだとハイストン。

数日前から調子が悪かったようだが
どうも風邪が原因だったようだ。

・・・どうすんだ?
たしか、試合がもうすぐなんじゃないのか?

ふむ。
幸い正月はジムは休みなので
その数日でなんとか体調を取り戻すつもりのようだ。
生姜を切り刻み、生で食べ
       サプリメントやプロテインも大量に摂取しているらしい。

・・・。

それ逆に身体にわるいんじゃねぇか?

・・・。

・・・。
まぁ、本人がそれで治ると思い込めば
案外それで治るものなのかも知れんな。
病は気からと言うだろう?

そういうもんかねぇ。

・・・。
しかし、その様子じゃあ
しばらくサイトが更新されることはなさそうだな。

そういうことになるだろうな。

サイトが更新されないのは
スパロボのOG外伝を買って
それにハマっているからではない・・・
・・・そうだな?

・・・。

問題ない。

どっちなんだよ!?

・・・。

来週も、マジカナと地獄に付き合ってもらう。

むせる!?











2007年12月27日

新たなる試み

おい、ハイストン。

なんだ?

最近、まったく
このサイトが更新されてない様子なのは
おれの気のせいだろうか?

奇遇だな、私もそう思っていたところだ。

うにっ。

うに子。
おまえも気づいてたか。

うに。

・・・ふむ。
どうやら、マジカナは心身ともに疲労していて
なかなかサイトを更新することが出来なかったようだな。

ふぬけすぎるだろ。

うにっ!

うに子もお怒りのご様子だ。

マジカナも、本来ならば
クリスマス絵などでの更新も考えていたようだが
どうにも疲労が溜まっていたらしく
家に帰るとすぐ眠ってしまうようなのだ。

・・・お前やけに詳しいな。

・・・。

あと、こういう形式での日記を試してみたのだが
どんな感じの印象・・・というか、良いか悪いかを知りたいらしい。

・・・ていうかこれ
か○けもチャンネルのパクリじゃん。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・ま、まぁ
この様な形式のサイトはあそこ以外にもあるし
別に大丈夫だろう・・・たぶん。

・・・そっ、そうだなっ。

う、うにっ。

評判が良ければ
もっと我々の表情も増えるだろうし
サイトが更新されない日もぐっと少なくなるだろうな。

なんだ、良いことづくめじゃねぇか。

うにっ。

・・・うに子。
それ、喜んでるのか?

うにっ。

表情がまだ少ないからな。
そのうち、うに子の喜ぶ顔も見れる日が来るだろう。
・・・時間(とき)がすべてを解決してくれる。

・・・。
うまい具合にまとめやがったな。

締めはロヴィン。
貴様が考えろ。

え?
マジで?

うに。(訳・主役だろ)

・・・。
んじゃあ、まぁ・・・
とりあえず・・・

・・・。

また来週!!


・・・何ぃっ!?





つづく。






2007年12月22日

完成



とりあえず完成。
・・・あんまり変わらなかったな。

男の手とマムコを描き込んだのだが
汁のせいでせっかく描いたマムコが消えてしまった。
ここら辺は、もっと学習せねばなるまい。

ていうか、汁の描き方がわからねぇ。
出口が見えねぇ。




世間はクリスマスムードだが、俺はそんなことは言ってられない。

ジムは日、月と休みになってしまうが
自宅でもある程度の練習はできる。
走るのはもちろんのこと
パワーを失わないために、コシティをひたすら振り続けたり
全力のスピードでキレとノビを重視したシャドウをおこなったり
腕立て、腹筋、背筋、スクワットをおこなったり・・・

・・・このように、自宅でもある程度の鍛錬はできるのだ。

そして俺は、フライドチキンとケーキを食らう。






2007年12月20日

まずいことになった

急に試合が決まってしまった。
しかも、試合までそれほど日数があるわけでもない。
かなり大きな試合の前座だ。

俺は、かませ犬だ。
この戦跡では、俺がこれからまともな相手と試合をする事は
もうほとんど無いと言っていいだろう。

今回のオファーは急なこともあり
ウェルター級契約でもいいと言ってきた。
自信があるのだろう。
むこうの戦跡は知っている。
相手のジムのサイトで見た。
無敗な上、アマチュア経験もある選手だ。

ちなみにそのジムとは因縁がある。
デビュー戦で、そこの元国体3位の奴と戦った。
むろん結果は俺の1RKO負けだ。
実力差のありすぎるマッチメイクだったと思う。
そのことで会長を恨んではいないが
微妙に歯車が狂ったのも事実だ。
あれ以降俺は、リングに対して恐怖というものを感じて生きてきた。


しかし。

今回は少しばかり状況が違う。
相手側が有利なのは変わらない。
だが。
今の俺は、あのときの俺とは違う。
数年間、プロのリングで戦い続け
負け続けながらも、確実に勝ち星も稼いできたのだ。

デビュー戦のときほど、俺と相手に戦力差は無いと思う。
それに、ウェルターで試合をするのだ。
あいてのパンチも勿論上がるが、おれのパンチも上がる。
おそらく、今のパンチ力をそのままリングに持っていけるだろう。

それならば。
勝負はわからない。
ポイントがどうこういう試合でもない。
むこうのジムが開催していて、しかもタイトルマッチだ。
おそらく、判定なら俺は負ける。
・・・そもそも、相手は全勝全KOなのだ。
もとからポイントがどうこうの勝負ではないし
ポイント勝負では勝てないだろう。

ならば、どうする?

・・・一撃にかけるしか無い。


俺はこれでも、自分の拳に誇りを持っている。
練習で打っているようなパンチを、試合でも出せたなら・・・
・・・相手を倒すことは可能だろう。
しかし、サンドバックと人間は違う。
スパーリングでさえ、たまにしか満足のいく一撃が入ることは無い。
しかし、入れば倒れる。

それを、どうやってプロのリングで出すか。
その事だけを考えて、これから試合までの日々を過ごす事になる。
重圧。

正直に言うと、今、キーボードを打っている手の震えが止まらない。
試合が怖い。
相手の戦跡は知っていても、どのようなスタイルか俺は知らない。
得体の知れない靄(もや)のようなものが、俺の身体を包み込んでいる。

テクニックでは、勝てないだろう。
相手のパンチに合わせ、一か八かのカウンター。
いや、カウンターと呼べるような代物ではない。
相打ちだ。
歯を、マウスピースを食いしばり
相打ち覚悟で相手を倒しにいく。
それしかない。


元から勝ち目の薄い勝負だ。
なら、俺のウェルターの試金石としてちょうどよいだろう。
この俺が、プロのリングで。
ウェルター級で、どれだけの力を発揮できるのか・・・


それを、試してやる。







2007年12月18日

古本

一時期、パチンコにハマっていた時期がある。
金があればパチンコへ行き
かなりの額を投入してきた・・・

今思えば、馬鹿なことをやっていたと思う。


しかし。
今はもうやめた。
せっかくの金を、パチンコのために使う気にはならないからだ。
どうしてもパチンコへ行きたくなったとき
俺は古本屋に行く。


主に利用するのブックオフだ。

ブックオフは立ち読みもできる古本屋で
品揃えも豊富であり、DVDやゲームなどの中古も置いてある。
俺はここで立ち読みをしたり、本を買うことで
ストレスというか、俺の中に潜む獣を静めるのだ。
女性がショッピングを楽しむのと同じ感覚である。

別に、最近アニメ化した漫画だけを買いに行くわけではない。
昔の漫画も買う。
特に、少女マンガが狙い目だ。
うちの近くのブックオフ(だけかどうかは知らないが)は
少女マンガの100円の棚のコミックは
2つで100円にしてもらえるのだ。
つまり、10冊買っても500円。
20冊でも1000円ということになる。

・・・これは安い。

最近の俺は、よくこれを利用し
昔の少女マンガを収集している。
髭面をしたおっさん顔の男が、少女マンガを読み選んでいる図は
あまり良い眺めではないかもしれないが・・・


ちなみに、今回は
恋愛カタログというコミックを買った。



最近完結したらしく、評判もよかったので
ブックオフにあった21巻までを買ってきた。

あらすじはこう。

高校生花本実果は合コンで一目惚れをした高田修司に思い切って告白をする。
付き合うことになった2人だが、一体どうやって恋愛をしていったらいいのか…。
実果と修司を中心に等身大の恋愛を描くラブコメディー。


らしいのだが・・・
・・・これはおもしろい。
少女マンガって、なんかドロドロした印象があったけど
こういうさわやかなものもあるのかぁ・・・という感想。

最近の少女マンガって、性に関しては軽く見がちで
寝取られやらレイプやら浮気やらはあたりまえというか
・・・そういうドロドロしたものばっかりだと思ってたけど
これは純粋に恋愛のことに追及した漫画だった。

もちろんどっちちかずのハラハラ展開はあるにしても
基本的には安心して読める漫画っぽい。
かなりほのぼのしている。
今回21巻まで買ったのだが
なんと、初エッチが20巻めというおそろしい引っ張り具合w

でも、こういう恋愛もいいなぁ・・・と思った。

俺だって、こういう古き良き少女漫画みたいな恋愛がしてみたい。
複数の相手といろいろ繰り広げるのは、俺の趣味じゃない。
なぜ、タイマンでは駄目なのだ。
本命だけでは、なぜいけないのだ。
なぜ、複数の男と何かなければいけないのだ。


やはり俺は、タイマンがいい。
昔の少女漫画は、本命とだけの恋愛が多かったはずなのに・・・orz





昔の物でも、最近の物でも、何かそういう良い少女漫画が御座いましたら
みなさま是非、このマジカナめにお教え下さいませ。
マジカナは、あずきちゃん程度の事件でもショックを受けてしまうほどでございます。
ちさポンなど、買ったヤングジャンプを破り捨ててしまうほどでございました。

どうか、ほのぼのとした恋愛コミックスを
このマジカナめにお教えくださいませ・・・



もう少々で、完成でございます。
しばしお待ちを・・・






2007年12月16日

外国人のおっぱい

おっぱい。
それは男のマロンであり、そして夢である。
特に、外国人の乳。
あれは核だ。
男のどんな抵抗もむなしく、あの乳の前にはひれ伏してしまう。










そう、俺は思っていた。






しかし。
現実はキビシー。

何度かそういうグローバルな経験(プロ相手)はあったのだが
相手のボインはことあるごとに硬かった。
もう、触った感じが筋肉なのだ。
これが俗に言う、シリコンというやつなのだろうか?
見た目も、明らかにそういう感じの乳で
なんというか自然な形ではないのだ。



は〜じめ〜ての 外人の乳は
かた〜すぎて〜はいけない♪

きょにゅ〜うの〜においが〜
するだけ〜で〜い〜い〜♪



てなかんじだ。
俺の友人、H・Kはこう言った。

「外人の乳なんて、みんなシリコンだよ」

彼もまた、幾多のグローバルセックス(プロ)を経験してきた男だ。
やわらかい乳を想像して、そして現実に絶望してきた男なのだろう。



・・・しかし。
おれは、信じたい。
本物がいると。
最高の形を持ち、そしてやわらかい外国の胸があると。
いや、胸を持った外国人女性がいると。

俺は信じたい。



エロ絵のリハビリ中。
こういったちょっとギャグっぽいほうが抜けるんじゃねーかと。

・・・え?
抜けない?
・・・そうか。
すまなかったな。


ともかく、この絵ももっともっとエロく色塗りして仕上げてゆく予定なので
みんなよろしく勇気。







2007年12月14日





死は、止められない

・・・次回を待て。







2007年12月12日

つづき

ハイストン戦のつづき。



死は、ふいに来る狩人にあらず

・・・次回を待て。





2007年12月10日

描いてみた

とりあえず、主人公のトラヴィスとシルヴィアを描いてみた。



トラヴィスは、女の色気に騙されやすいという設定があるが
どうやら本編では、シルヴィアに対してのみ発動するらしい。

関係的には、ルパンと不二子ちゃんの関係に似てる
・・・っていうか、須田さんも意識して作ったとか。
まぁ、最初はどうでもいい感じにトラヴィスをあしらってたシルヴィアも
だんだんトラヴィスの中にある何かに惹かれはじめて
二人の関係が微妙に変わっていくのが面白い。


といっても、別にそこにラブロマンスがあるわけじゃねーけどw
どう変わるかは、実際にゲームをやってみるか
きわめて特殊な方法でゲームプレイ動画でも見ておくれ。



適当に描いた絵。
そろそろこの森もエロ分が不足してきたかな・・・?







2007年12月9日

ノーモアヒーローズをクリア
数日間まったくサイトに手をつけなかったが
もうノーモアをクリアしたので
サイトのほうに集中できるぞ。

いやぁ、ノーモアは面白かったね。
そのうち絵とか描くかもしれん。




ハイストン戦も再開。
カウンターを狙ったロヴィンだったが、ハイストンの右が速過ぎた!
崩れ落ちるロヴィン・・・

しかし、かろうじて踏ん張ったところに、ハイストンの追撃!
ロヴィンはこのまま負けてしまうのか!?

・・・次回を待て!!






2007年12月6日

ノーモアヒーローズを買った

来た。
ノーモアヒーローズだ。
俺の、待ちに待ったソフトである。



主人公のトラヴィス・タッチダウンは殺し屋である。
日本のアニメオタクであり、プロレスもこよなく愛す。
愛刀のビームカタナは、ネットオークションで落札したもので
技は通信教育で習ったもの。

画像の女、シルヴィア・クリステルに嵌められ
全米殺し屋ランキングの11位になってしまう。


1位になったら1回だけヤらせてくれとせがみ
せっせとランキング上げにいそしむトラヴィスだったが・・・



・・・とにかく、面白い。
須田さんのセンスに、それなりに遊べるゲームシステムが加わったのだ。
面白くないわけがない。

Wiiを持ってるなら、是非買ってほしい一品である。


★Wiiを持ってるならノーモアヒーローズ★






2007年12月5日

本気



ハイストンの本気の攻撃!
その攻撃をカウンターでもらったロヴィン。
勝負のゆくえは・・・

次回を待て!!






2007年12月3日

人工少女3を買った

3Dエロゲーの最高峰、人工少女3を買った。
この人工3は、自分好みの3Dのキャラ(女)を作って
その少女とイチャイチャラブラブすることが目的のゲームなのだ。
パソコンのスペックが高ければ、複数プレイも可能。
・・・つまり、ハーレムも可能なのである。


少女たちは、外見や服装を自由に決められる。
胸の大きさしか調整できないが、基本的にはスタイルはよい。
尻、ふとももフェチの俺としては、下半身の肉つきも変えたかったところだが・・・

まぁ、もとのスタイルがエロいからよし。





ちなみに、ゆみちゃんと希美ちゃんはもうすでに作った。
なかなかよい出来に仕上がったと思う。

・・・エロいぞ。



とある男は、俺の家に来て、このゲームの説明書を見てこう言った。

「おまえ、こんなのやって気持ち悪いぞ」

ある意味、一般人のカテゴリーに入る男だ。
エロゲー=気持ち悪いという図式があるのかもしれない。

しかし。

それは、こいつがこのゲームをやってないからだ。
人工少女3を、見てないからだ。
見れば、人工3がエロくないなどという印象は持たないだろう。

少なくとも、起つ。
ゲームなんかで抜けないなどと言おうが、起つ。
きれいごとだけじゃないってことを、あいつに教えてやる。
漫画やアニメじゃ抜けないと奴は言っていたが
奴にだって、ふたりエッチで抜いていた時代があったのだ。

プライドの問題なのかもしれない。
奴の、プライドの問題なのかもしれない。
二次元では、抜けない。
そのような先入観。
そういうものがあるのかもしれない。


人工少女3はエロい。
それだけは、奴に判らせてやる。
・・・必ず、判らせてやる。

そう、決めた。





2007年12月2日

不用意な



いいよう、そこ、いいよう。

ハイストンの本気とは・・・!?
・・・次回を待て!!






2007年12月1日

マリギャラクリア

一応マリオギャラクシーをクリアした。
今回はクリアだけなら、そこまでの難易度でもないように感じた。


ちなみに、思い出補正を加えた3Dマリオの俺の順位は

マリオ64>マリオギャラクシー>>マリオサンシャイン

といった感じになる
サンシャインが好きな人には悪いが
やっぱりマリオは素手だろ・・・

喧嘩の醍醐味はよ、素手だろやっぱ。



マリオには道具にたよってほしくないというか
ポンプありきの操作にはちょっとね・・・
結構難易度もつらかったような気がするし。
マリオ自体のセンスティブな感覚で難易度が高いなら良いのだが
ポンプをふくめてとなると・・・・
ちょっと俺にはサンシャインは合わなかったかな。

決して作品自体がつまらないというわけではないぞ。
(でも、ネットでの評価はやっぱりサンシャイン低いけど)



マリギャラは何気にストーリーも俺好みだった。
なんかあの世界観は良かった。
・・・でも、マリオにはやっぱり青空の下で暴れてほしいけど。

クッパも生きてたし、個人的には満足できたかな。


なんか、スターを集めるとまだ隠し要素があるっぽいけど
おれはもう満足しちまっててよ・・・
オプーナもクリアしないといけないしな。
・・・オプーナ、まだクリアしてないんだよ。
クリアしちゃうとライセンスコンプできないらしいからさぁ。

でもまぁ、ノーモアが来る前に終わらせないといけないし
とりあえずセーブデータを残しといて
クリアだけはしとかないと・・・

どうせノーモアきたらそればっかになっちゃうんだろうから。




楽しかったぜ・・・
マリオギャラクシー。



ハイストンに本気を要求するロヴィン!
ハイストンの答えは・・・・!?

・・・次回を待て!!











10月
過去の日記へ
2006年8月9月10月11月 12月
2007年1月2月3月4月5月6月7月8月9月
(モドル)