動画 アダルト動画 ライブチャット





2009年12月1日

亀田興毅VS内藤大助



このサイトをすみずみまで読んでる人ならわかると思うが
俺は亀田興毅のファンである。

ZONEの頃。
亀田が中学生の頃からずっと見てきたし
亀田興毅という悪態をつくキャラが
マスコミにつくられたキャラだというのもなんとなくはわかる。

亀田興毅のボクシングはアウトボクシングである。
ランダエタ2戦目でみせたボクシング。
あれが、亀田興毅のボクシングなのだ。
1戦目は体重差のかなりあるランダエタと打ち合ってあんな結果になってしまったが
2戦目では得意のアウトボクシングできっちり勝った。

しかし、1戦目のあの判定のせいで
きちんと勝った2戦目まで疑われてしまう。
八百長ではないか、と。

そうではない。
そうではないのだ。
2戦目こそが、亀田興毅の本来のボクシングスタイルなのだ。

興毅は格下相手にもたつくことがよくある。
しかし、それは本来の自分のスタイルを見失っていたからだ。
内藤との試合の前に、興毅は格下の相手と調整試合をしていた。
そのときに見せたアウトボクシング。

それを見た俺は、今度の内藤戦、興毅はアウトボクシングでくると確信していた。




3RKO宣言

亀田は内藤を3Rで倒すと会見の時に言っていた。
・・・しかし。
俺は、絶対に亀田は打ち合わないと思っていた。
ランダ2で見せたあのアウトボクシング。
あれをやれば、おそらく内藤に勝つことが出来るだろう。

亀田は自分のスタイルをよくわかっている。
今回はアウトボクシングで来る。
それは、前の試合でずっとアウトボクシングの調整をしていたことからもわかる。
あの3RKO宣言は、まず間違いなく作戦だろう。
俺は心の中でそう思っていた。


世間では弱いと言われている亀田。

だが、実際に亀田のアウトボクシングを体験している人間なら
おそらくはそんな発言はしないと思う。
格下相手の試合を乱発、反則、言動。
これらのせいで亀田の今の評価がある。

かませ犬としか試合をしないから亀田は弱い。
あんなイカサマ判定で世界王者になるから亀田は弱い。
世間の評価はそこで止まっているのだ。


内藤は、亀田に勝ってすべてを手に入れた。
人気、金、地位。
ポンサクに勝った時点では考えられないほどのものを。
亀田に勝ったボクサーということで、内藤の人気はうなぎのぼりだった。


・・・世間は、内藤が亀田に勝ったと言っていた。
けど、そうではない。

亀田に勝つということは、亀田興毅に勝つということなのだ

亀田の歴史とは、亀田興毅の歴史なのだ。
亀田興毅がさまざまな相手に勝ち、東洋を取り、世界を取って作ってきた歴史なのだ。

内藤はまだ、本当の亀田に勝ったわけではない。
俺が本当に見たかったのも、亀田興毅VS内藤大輔なのである。


興毅は、ファイターではなくボクサーだ。
別に、足を使って逃げるという意味ではない。
遠距離からフェイントをかけ、カウンターを当てる技術を
亀田興毅は持っている。
サウスポーで、スピードがあり、リーチもそれなりにある。
しかもカウンター使いだ。
弱いわけが無い。


問題は、内藤がそれをどこまで理解しているか。
世間のイメージの、ただガードをかためて前に出る亀田。
内藤陣営の亀田の評価が、そこで止まってしまってないかどうか。


元世界王者たちの試合予想でも、亀田のスタイルを誤解している人たちがいた。
あのランダエタ1戦目のままだと。
馬鹿な。
いったい今まで、亀田の何を見てきたのだ。

確かに、かませ犬を倒しにいって重心が前に出すぎていた事もある。
ランダエタにあっさりダウンを奪われて、微妙な判定で勝ったこともある。
だが、元世界王者なら、亀田の本当のボクシングを理解出来るはずだ。
亀田の動きが一番良いときは、無理に倒しにいかず、きちんと距離をとって戦っているときだ。
それが、理解できないのか。

内藤が勝つと予想した人たちは、大体の人が亀田が打ち合うと予想していた。
・・・打ち合うわけがないではないか。
亀田は・・・興毅は自分のスタイルをよくわかっている。
自分が一番動けるときのボクシングは何かも。

ボクサーの強さは、本来、一番強い時を想定しておくものなのだ。
試合予想も、完璧な興毅のアウトボクシングに対して内藤がどう動くか。
本来はそう予想せねばならないのだ。
内藤の変則的なボクシングと興毅のアウトボクシング。

この試合、お互いがどこまで相手のことを研究しているかどうかの勝負になる。
俺はそう思っていた。
今回亀田陣営は、フィリピンまでいって
内藤のスタイルにそっくりなスパーリングパートナーを探してきた。
3RKO宣言というフェイクで、アウトボクシングを行う下準備も整えた。

内藤陣営はどうか。
亀田対策はもちろんおこなっているだろうが
亀田の本質を、興毅のアウトボクサーとしての本質を理解できているのだろうか。
スピードが速く、リーチもそれなりにあり、ガードも高い
亀田興毅というボクサーの本質を。

相手のことをどこまで理解しているかで勝負が決まる。
そんな試合になりそうな予感がした。


世間の評価ではもちろん内藤が有利。
亀田は逆に、過小評価されている。

いろいろ言われてはいるが
亀田はアランブレットに勝ち、ボウチャンに勝ち、ランダエタに勝っている。
(ボウチャン戦はアレなしで最後まで見たかった。)
階級も、自ら厳しい減量をしてライトフライまで落としている。
ようするに、世界ランカーに勝てる実力があるのだ。
元世界王者なのだから当たり前だが、ランダエタ1のときの判定のせいで
世間の評価がおかしくなってしまった。

問題は内藤陣営がどこまで亀田を評価しているかである。
世間の目と同じような感覚で亀田を評価しているとしたら・・・


そして運命の日。
試合のゴングが鳴った。

死合

第1R。

内藤がいきなり右を仕掛けてくる。
しかし亀田も右フックで応戦。
これはお互い当たらなかった。

内藤が独特の左右のフックを亀田に当てる。
ガードはしていたが、わずかに入ったか?
亀田はじっくり見ている。
1Rはやや内藤か?
見方によっては亀田でもいいかもしれない。

やはり、と思ったことだが。
亀田はきっちりとアウトボクシングできていた。
動きのキレもある。
まだいくぶん硬いが、じっくりと身体を温めているのだろう。


そして、2R。

亀田の左ストレートが内藤の顔面に炸裂した。
それも2回。
1回目も良いタイミングだったが、2回目。
あれは効いたはずだ。
内藤は鼻血を出す。
このときはまだ、内藤の鼻のことに気づいている人はほとんどいなかった。


そして3、4R。

内藤の左右のフックに対して、亀田はコンパクトにパンチを合わせてゆく。
きっちりとガードで受け止め、内側からコンパクトにパンチを打つ亀田。
ときおり見せるいきなりの左ストレートも当たる。
オーソドックスに対してサウスポーの左は定石だが
これだけ当たるのは二人のスピードの差か。
それでも攻防は互角だった。


5Rが始まるときに、4Rまでの採点が公開された。
二人がドロー。
一人が2ポイント亀田を支持。
2ポイントと聞くと多く感じるが
ようは4つのうち3つを亀田がとったということ。
これが2つだとドローになる。
二人はドローなので、内藤陣営もそこまで慌ててはいなかったと思う。

この時点では。


5、6Rも展開は変わらない。

亀田がうまく距離をとり、左を打ち、内藤のパンチをガードで受け止める。
ガードで受け止めた後、内藤の打ち終わりを狙って、亀田がコンパクトなパンチを打つ。
手数は内藤だが、顔面のクリーンヒットは亀田という展開が続く。

亀田の左が当たるたびに、内藤の鼻の腫れがひどくなってくる。
折れたかもしれない。
鼻血が止まらない。

これから先、亀田の一方的な展開が続く。
時折内藤がとったラウンドがあるかもしれないが
そういうラウンドでも内藤はパンチをもらい続ける。
ポイントは取れても、パンチをもらう数はあまり変わらない。
そして、そのわずかに内藤がとったラウンド以外は
亀田の的確なクリーンヒットが内藤の顔面を腫らしてゆく。

手数は圧倒的に内藤。
しかし、クリーンヒットが少ない。
亀田のガードは固い。


大毅戦のときも、内藤は大毅の顔面にはそれほどパンチをいれることは出来なかった。
ボディとインサイドワーク。
そして攻勢点でポイントをとっていた。
大毅がクリーンヒットを左フック以外あまり当てられなかったからだ。


しかし、興毅は違う。
サウスポーで、スピードもあり、ガードも固いアウトボクサーなのだ。
コンパクトにパンチを打つ技術もある。
大毅で効果を発揮していたノールックボディも
興毅がフットワークを使えば当たらない。


内藤は本来、自分から攻めるタイプではない。
フェィントとステップを使い、カウンターで迎え撃つタイプなのだ。
自分から攻めてるように見えても、相手のパンチを誘いながらそれにカウンターを決める
そういうタイプだった。

それが、王者になってからおかしくなった。
お客さんを楽しませよう。
満足させよう。
そのためには倒さなきゃいけない。

自分のスタイルを見失った内藤は、苦戦を続けた。
アウトボクサーの清水に苦戦し、自分より小さいタフなファイター熊にも苦戦した。
もとより対ポンサク使用に作り上げたスタイルだ。
衰えたわけじゃない。
今ポンサクとやっても、そんなにわるい試合はしないと思う。
でも、今回の相手はポンサクじゃない。

亀田興毅だ。





最終ラウンド。

ポイントは圧倒的に亀田がとっているだろう。
しかし、亀田は逃げなかった。
内藤との打ち合いに応じた。
さすがに打ち合いは内藤のほうが分があったようだ。
亀田もコンパクに打ち返すが、全体的には内藤のほうがおしていた。
内藤が勝つと予想してた人は、おそらくこれが最初から起きると思っていたのだろう。
けど、亀田はしなかった。
内藤の実力を認めているから、打ち合ったら自分が負ける確率のほうが高いと
きっちりとアウトボクシングをするために調整してきた。

最終Rに打ち合ったのは何故か。
ポイントは圧倒的だから、お客を楽しませるために最後まで打ち合いをしたのだろうか。

・・・いや。
もしポイントが出ていなくても、亀田は最終Rはああいう戦いをしたと思う。
アウトボクシングをしていればポイントはとれるのに、だ。
相手を倒したいのもあるし、お客を楽しませたいのもある。
そして、最後まで自分の力をためしたかったのかもしれない。
王者相手に自分はどこまで打ち合えるか・・・
それを確かめたかったのかもしれない。





判定は、3−0で亀田だった。

3人が亀田を支持。
この試合で、亀田は2階級制覇を達成。
内藤を研究しつくし、きっちり対策をしてきた亀田が
勝つべくして勝った試合だったように思う。
俺は、2年前に亀田と内藤がやっていても亀田は勝てるのではないかと思ってはいたが
この2年間でさらに亀田は成長したのかもしれない。

2年前にやってたら、こういう結果にはならなかったかもしれない。
そこらへんも運命なのだろう。


内藤の顔面はひどいことになっていた。
二人にそこまでの実力差があったわけではない。
相性。
作戦。
1つのクリーンヒット。
そういったもので、試合展開というものは大きく変わってしまう。

内藤は、あそこまで亀田がアウトボクシングをしてくると思っていただろうか。
あんなに左ストレートがのびると思っていただろうか。
あそこまでガードが固く、コンパクトにパンチを打つことが出来るという事を知っていただろうか。


内藤もまったく勝つ手段がなかったわけではない。
むりに攻めずに、フェイントとステップを織り交ぜながら
亀田が打ってくるところを迎え撃てばよかったのだ。

でも、それを内藤はしなかった。
倒さなきゃ。
お客さんを満足させなきゃ。
そういった気合が空回りしてしまった。
清水戦と同じだ。
アウトボクサーに対して、まっすぐ出てしまった。
清水戦は、彼の打たれ弱さをついて倒すことが出来た。
でも今回の相手は清水じゃない。

亀田興毅だ。

ランダエタ戦で打たれ弱いとされていた亀田興毅だったが
結局今回の試合はぐらつく場面すらなかった。

あたりまえだ。
あのとき、興毅は49kg以下に体重を落としている。
打たれ弱くならないわけがない。
しかも、あいては当日体重を7kg増やしてきたランダエタである。
減量と当日の体重差。
そしてランダエタ自身のパンチ力。
亀田はあの試合以外で倒れたことはない。


今回、亀田は計量時より体重を4、5kg増やしてきた。
結局のところ、ボクサーの打たれ強さは体重にも影響する。
最近の海外の世界戦だと、当日どこまで調子を崩さずに体重を増やせるかも勝負のうちらしい。
体重調整も完璧でガードも固い亀田。
彼を倒すのは至難の技だろう。

内藤は、ボクシングを変えればもっと良い戦いができていたのかもしれない。
しかし。
プライドがあった。
亀田を倒さねば、お客を楽しませなければ。
王者のプライド。
それが、内藤から駆け引きのボクシングを奪い去った。
あの亀田に勝つためには、つまらないボクシングをしなければいけない。
客が退屈するような、ポイントの奪い合いを。
内藤にはそれは出来なかった。
あれしかない。
倒しにいくボクシングしかない。
それが、自分の本来のボクシングじゃなかったとしても。


試合後のニュースで、亀田は敬語を解禁していた。
おそらくこれからは敬語でゆくのだろう。
もとから裏では礼儀正しい青年だと言われてはいた。
テレビ局にそういうキャラでやれと言われていたのだろう。
無理をしていたのかもしれない。

朝ズバでみのさんとも敬語で話していたが
あれをこれから先ずっとつづけていくなら
世間の評価は徐々に良くなってくのではないだろうか。

亀田が嫌われているの原因のほとんどが
ナマイキ、敬語を使わない、反則をする、判定がおかしい
といったものだった。
ようするに、これらがなくなれば普通の若い世界王者としての評価が戻ってくるわけだ。

・・・まぁそこまで物事は簡単ではない。
それは俺にも分かる。
嫌いな人は嫌いなままでも仕方ないと思う。
過去が消えるわけではない。

それでも、今までのように
ただ悪いという扱われ方ではなくなると信じたい。
少なくとも亀田の実力自体を疑問視する人はぐっと少なくなったはずだ。
あの内藤に勝ったのだから。



俺は、これからも亀田を応援していくし
クリーンな試合を望んでいる。
亀田の肩をもってローブローやバッティングを注意しない審判は最悪だ。
結果的に亀田の株を落とすことになる。

世界戦では比較的レフリーはまともだから
これからの亀田は世界戦だけ戦うぐらいでもいい。
(まぁ防衛していけばそうなるわけだが)
クリーンな試合をして、TVに出るときは敬語を使う。
本当にこれだけでもかなり人気は戻ると思う。
俺みたいにずっとファンなのはのぞいて、ね。

ともかく、これからの亀田に期待する。




亀田のこと嫌いな人には、今回の日記は申し訳なかったけど
俺はどうしても書きたかった。
自分のことじゃないけど、亀田興毅のボクシングを信じて応援しつづけてきたこの感情は・・・
俺の信じてきた亀田興毅は、やっぱり強かった。
俺は間違っていなかった。

それを、どうしても文字にしたかった。
結局この日記、2、3時間かけて文書いてるし。
それぐらい俺の中で亀田興毅はでかかったって事だと思う。
信じて応援している人に対して結果を残せる
これからは俺もそういうボクサーになりたい。







(モドル)