動画 アダルト動画 ライブチャット



2007年10月12日

内藤大輔VS亀田大毅戦の俺の見解

世間では、亀田大毅の反則が大きく取り上げられている。

やはり弱かった。
口だけだ。
弱い。
反則負け。
実力の差がありすぎる。


・・・たしかに。
結果から見れば、大差判定負け。
しかも、反則のおまけつきという、亀田家には散々な内容だった。

だが、俺の見解は世間のそれとは少し違う。


試合前、俺は正直に言うと、大毅が負けると思っていた。
それもKOで。
両者には、それほどの実力差があると思っていたからだ。
大毅のいままで戦ってきた相手は、階級が下か、弱い選手だから
プレッシャーでみんな下がる。

そう、思っていた。



だが、いざ試合が始まってみれば
大毅が、内藤を相手に、今までと同じように戦えているではないか。


あのボクシングを、内藤相手でもやれるというのか。

ガードを固めているだけ?
馬鹿な。
そんなに簡単な事ではない。
ガードを固めているだけで倒れれないなら、ピンチの選手はみんなそうする。
しかも、つねに前へ進んでいるのだ。
プレッシャーをかけながら。

俺は、大毅のフィジカルに、驚きを隠せなかった。
これほどまでのものだったのか・・・
両者のあいだに、肉体的なスペックの差は無かった。
・・・いや。
むしろ、フィジカル面だけなら大毅のほうが上回っていたように思う。

内藤のパンチを、ガードしながら前へ出る。
それがどれほど凄い事か。
1Rが終わったときの、大毅の余裕そうな表情が印象に残っている。



大毅の戦い方は、意外と理にかなっている。

内藤はフックをおもに使う選手で
ストレートはスピードがあるが、フックはそうでもない。
しかも、打ち終わりに結構隙がある。

大毅はそこに左フックのカウンターを合わせる作戦だったのだろう。
実際に、何発も左フックは内藤の顔面に入っている。
中盤、大毅の左フックのカウンターで、内藤がぐらついた場面もあった。

しかし、結局は手数の差か。
基本的にはカウンター狙いのために、自分からポイントを取ることはできなかった。


そこに、オープンスコアシステムという悪条件が重なる。



これは、4ラウンドごとに採点を発表するシステムで
いろいろと不正が起きないようにという事で実施されたシステムだ。
選手にとっては、採点で作戦を変えることもできるという、有難い面も持つ。


しかし・・・


4ラウンドが終わって、大毅も内藤の流れを読み始めていたところに
ポイントで負けているという採点が流される。

会場は内藤のファンが圧倒的に多かった。
というよりは、アンチ亀田の人たちが。
当然声援もものすごい。

大毅も、自分の中ではパンチも受けてなく、ムードに乗れそうだったのに
結局そのせいで醒めてしまったのではないか?

ボクサーには、ノリがある。
簡単な所でいえば、相手が効いていたらやる気になったり
応援でやる気になったり。
ブーイングでやる気が落ちたり。
レフリーに注意されると微妙にリズムが狂ってしまったり。


あの採点には、そういうものを少なからず感じた。
実際序盤の4Rでは、点差ほど二人の実力は開いてはいなかった。


けどその採点で、微妙に狂いが生じる。

あわてた大毅は微妙にリズムが狂ったのか
はたまたポイントを奪おうとしたのか?
内藤に強引に接近戦をもちかけようとする。


それが仇になった。
内藤の絶妙なクリンチワークに、基本的に何も出来ない。
たまにパンチが入るのだが、手数が圧倒的に内藤のほうが多い。

大毅は近距離、中間距離でしか戦えないのだが
内藤はリーチが長いのだ。
遠距離でガードの上を叩きつつ、ボディを打ってはクリンチ。
さすがにここは上手さだろう。
内藤のキャリアを感じた。


8Rが終わって、もう完全にポイントは負けてる。
しかも、自分から近距離戦を挑むおかげで
ボディをいいように当てられ、そしてすぐに組み付かれる。
内藤のスタミナは、傍目から見ても切れかけていた。
しかし、そこは上手さなのだろう。
クリンチワークで凌ぎつつ、的確にポイントを取っていく。


ボクシングは身体能力だけで勝負が決まるわけではない。
内藤の、今まで培ってきた技術、経験が
この試合の明暗をわけたのではないか。


最終回、苛立ちのつのった大毅は、レスリングのような暴挙に出てしまう。
それも、連続で。
明らかに自暴自棄だ。
ポイントではもう完全に負けてるし、クリンチワークに手も足も出ない。


そんな大毅がとってしまったのは、あまりにも酷い反則だった。




・・・ただ。

世界的に見て、ああいう反則の例が、今迄まったく無かったわけではない。
マルコ・アントニオ・バレラ対ナジーム・ハメド戦。
圧倒的にポイントで勝っていたバレラが、ハメドにフルネルソンを極め
あやうく反則負けになりそうだった例もある。

また、デリック・ゲイナー対フレディ、ノーウッド戦。
ノーウッドのローブローの連続にに腹を立て
ゲイナーが逆にローブローを打ち返し、ノーウッドがダウン。
・・・なんと、そこで審判がカウントを始めたのだ。
結果、立てなかったノーウッドの負けが宣言された。

この試合は珍プレーかなにかで日本のテレビ番組でも放送されたはず。


・・・話がそれてしまったが。

ポイントを奪い返そうとしていた所に
内藤のうまいクリンチワーク。
近距離でしか戦えない次男は、執拗なクリンチに苛立ってゆく。
しかも、ポイントは負けを宣言されているのだ。

自暴自棄になった大毅が、ああいう行動に走ってしまったのも、わからないでもない。
反則は、絶対にあってはならないことだが
そういう行動に走ってしまった大毅の気持ちも、俺には少しわかる。

あれもどちらかといえば、本気でダメージを与える気というより
パフォーマンス的なものに俺は感じた。
それは、あの減点されている様子からもわかるだろう。



最終ラウンド、俺は、この試合は内藤が勝つ流れだと感じた。
試合の勝ち負けとか、そういうことではなく。
この試合は内藤が勝たねばならないだろうと。


結局、内藤の大差判定勝ち。
しかも、反則のせいで亀田の評判はより悪化してしまった。


おれは、採点を集計されている時の
兄興毅の表情が忘れられない。


大毅も、内藤と戦えるモノ自体は持っていた。
ただ、キャリアの差でそれの使い方を知らなかっただけだろう。
それは、試合を見てもわかる。
左フックはもちろん、右ストレートもキレのあるものが打てていた。

・・・そもそも。
まだ18歳なのだ。
きちんとしたトレーナーの下で、ミドルレンジの戦い方を覚えれば
手のつけられない強さになれるはずだ。


・・・そして。

内藤は、亀田に勝ったと言っていたが
亀田に勝つということは、亀田興毅に勝つということだ。
亀田の歴史とは、亀田興毅の歴史なのだ。
俺が本当に見たかったのも、亀田興毅VS内藤大輔なのである。


俺の中の亀田興毅の株は高い。


かませ犬相手にもたつくこともあったが
この前の試合で、完璧に自分の戦い方がわかったように思う。
興毅は、ファイターではなくボクサーだ。
別に、足を使って逃げるという意味ではない。
遠距離からフェイントをかけ、カウンターを当てる技術を
亀田興毅は持っている。

サウスポーで、スピードがあり、リーチもそれなりにある。
しかもカウンター使いだ。
弱いわけが無い。

世間ではいろいろ言われているが
アランブレットに勝ち、ボウチャンに勝ち、ランダエタに勝っているのだ。
(ボウチャン戦はアレなしで最後まで見たかった。)
階級も、自ら厳しい減量をしてライトフライまで落としているので
階級差はほとんど無い。

ようするに、世界ランカーに勝てる実力があるのだ。
元世界王者なのだから当たり前だが、ランダエタ1のときの判定のせいで
世間の評価がおかしくなってしまった。
ランダエタ2のときのアウトボクシングなど、見事なものだったというのに。

ランダエタは、体重を1日で7kg戻す。
俺ですら、3、4kgなのにだ。
そんな相手と打ち合って、まともな勝負になるはずが無い。
それが、1戦目の誤算だった。
2戦目ではきっちりとアウトボクシングでさばき切る。

しかし、ネットではヤオだのなんだのという意見が。
ランダエタは、アランブレットや新井田などの足を使う選手には負けている。

体重を増やしてきて、タフでパンチ力も上がったが
足が使えないのがランダエタの弱点でもある。
負けたアランブレット戦でも、ランダエタはダウンを奪っている。
1戦目は、そのランダエタと打ち合った事自体がミスだったのだ。


俺は、2戦目の戦い方で興毅を見直した。
あれが、亀田興毅か。
もとからアウトボクサーは好きなほうだ。
自分に無いものに、憧れがあるのだろう。
距離といい、スピードといい、タイミングといい
見事な仕上がり方だった。

フライに上げ、いくぶんか体格負けする試合もあったが
その試合もきっちり勝った。
バッティングからのパンチでダウンをうばったという意見もあるが
たとえそれが無くてもポイントで勝っていたように思う。


かませ犬との試合でもたついて、きちんと倒せなかったのは
自分の距離を見失っていたからだ。

そこは次の試合できちんと修正してきた。



つまり、今の亀田興毅は強い。
というのが俺の見解だ。
ボクサーとして、かなりまとまってきている。

興毅が、内藤の事をたいしたことないと言っていたが
もしかしたら、本当に興毅の目には、内藤がたいしたことなく映っているのだろうか?


俺は、この二人の対戦をずっと熱望してきた。
内藤がポスターで挑発した時より前からだ。
もしかしたら、もうすぐその試合が見れる時期が近づいているのかもしれない。




とりあえず、今回は内藤選手おめでとうと言いたい。
あっちもプレッシャーあったと思う。
こんな大事な一戦、絶対に負けられなかっただろう。
それにきちんと勝つのも、流石という感じだ。
今後は、お金も入ってくると思う。

・・・ロマンティックが止まらない




・・・ちなみに、俺の友人クレイジーハヤトは
亀田大毅を応援していたらしい。

それがあんなことになり、職場のみんなに馬鹿にされたとか。
次男が弱いとか、ガード固めてるだけだとか、実力差がありすぎるだとか。

実際には、そんなに弱くは無かったぞ、次男は。
キャリア不足は露呈したけど、内藤と戦えるだけのものはあった。
ただ、やはり時期がちょっと早すぎた感じはある。
弱い強いだけじゃあないから、ボクシングは。
内藤のうまさと、次男のあせりがああいう結果になってしまった。

内藤も後半はクリンチ多かったし、次男も強引に中に入ろうとしすぎた。
意外と坂田相手だったら、きのうの試合よりは善戦できてたのかもしれない。
こればかりは、相手との相性もあるから。

反則は残念だけど、次男に可能性は感じられたよ。
俺はね。






2007年10月13日

勝つための反則

亀田の悪評がどんどん酷くなる。
次男大毅が反則をしたのは周知の事実だが
どうやら11R開始前のインターバルに
父史郎が急所への攻撃、長男興毅が肘を目に入れろなどの
反則をうながしたという映像が流れたらしい。

たしかにVTRを見ると、そう言っているように聞こえる。


これは・・・
とてもじゃないが、勝つための反則とは言えない。

ボクシングの反則はわかり易い所で
ローブロー(ベルト以下への攻撃)。
バッティング(頭突き)。
レスリング行為。
グローブ以外での攻撃。
ラビットパンチ(後頭部への攻撃)
などがある。

だが、今回亀田陣営が行った反則は
傍から見て明らかな反則だ。
この反則では、試合に勝つことは出来ない。






今回の亀田の反則

いつもの場合、亀田のローブローなどにあまり反応しないレフリーが多かった。
さすがに世界戦などの場合は違ったが。

今回の試合に関しては、特別亀田贔屓というほどでもなかったと思う。
・・・ただ。 次男のローブローをさほど注意しなかったところを見ると、いまいち判断しかねる。
バッティングなどは注意をしていたし、当然次男のレスリング行為も注意していた。
どちらかと言えば、公平な部類に入るのだろうか。

そもそもあまり接近戦が出来なかったので
ローブローもたいしたものが打てなかったというのもあるが。


そして、バッティング。
これは両者注意されていた。
次男の頭が低いのもあったが、中盤内藤が自らおでこをつけに行く場面もあった。
ここらへんも、まぁ妥当ではなかっただろうか。


そしてレスリング行為。
これはもう、勝つための反則ですらない。
明らかにルール違反だ。
レフリーは当然のことながら、観客にもわかる。
これはどう考えても勝つための反則ではない。


そしてサミング。
これは、後半内藤と大毅が倒れこんでもつれた隙に
大毅が親指で内藤のまぶたをグリグリと押したのだ。
内藤のまぶたには、前回のポンサク戦での古傷が残っている。
そこを狙ってのことなのだろう。

だが、それで出血させても、内藤の負けにはならない。
VTRはもちろんのこと、傍から見ても何で出血したかはわかる。
後半は大毅のパンチはほとんど入ってなかったし
ならばもみ合った際の傷だと、審判たち判断するだろう。
今の時代、VTRで判断するということもある。
そうすれば内藤のTKO負けはなくなり
それまでの負傷判定でどう考えでも内藤が勝ってしまう。

つまり、今回亀田陣営がした反則のほとんどは
勝つための反則として、不適切だったのだ。



ならば、勝つための反則とは

俺は、ボクシングの試合で
そこまでの反則はされたことはない。
当然、したこともない。

だが、ボクシングは肉体接触のある格闘技だ
頭があたることもあれば、パンチが下腹部へ入ることもある。
もみ合いになり、つついエキサイトして
レスリング的な行為に走ってしまうこともあるだろう。

しかし。

それとは別に、技術としてのダーティファイトがあるのも事実だ。
たとえば、バッティング。
基本的には、選手の額付近。
主にまぶたあたりがぶつかり、それで出血することもある。

ところが。
レフリーは基本的に、故意ではないバッティングには目をつぶる。
注意をされるぐらいだ。
そして、相手を出血させるなどしない限り
たいして減点になることもない。


それをうまく利用する選手もいる。

パンチを打つときに、頭からいくのだ。
主に鼻から下、口から顎の位置を狙う。
そこに先に頭を当て、そしてすぐ同じ所にパンチを当てるのだ。
威力は絶大だ。
ひるんだところで、無防備にパンチをもらってしまうからだ。
これでダウンを奪うことも可能である。


一瞬なのでレフリーは気づかない。
気づいても、大体の場合が故意ではないと判断される。
世界王者にもこういう技術を使う人はいるのだ。

有名な所で、バーナード・ホプキンスがいる。
元ミドル級の統一チャンピオンだ。
ダーティなファイトも、クリーンなファイトも強い。
頭を当てる技術も絶妙だ。
反則か、不可抗力か、ギリギリのところで頭を当てるのが上手い。
顔が、明らかにパンチ以外の攻撃で腫れている挑戦者もいた。



後は、足を踏むという行為。
サウスポーとオーソドックスの試合でよくあるのだが
それを故意に行うのである。

上手く使えば、相手がバランスを崩れたところにパンチを当てられる。
これも基本的には反則だ。
だが、故意かどうかの判断は難しい。
つまり、うまく使える選手は、それだけで有利になれるということだ。



そして、肘。

これは、タイ人がうまい。
日本で有名なとこなら、ウィラポンがいる。
彼は強さもさることながら、肘の使い方が上手かった。
辰吉もウィラポンに肘を入れられ、「ウィラポン殺す・・・」と言っていたらしい。
タイ人は、だいたいがみんなムエタイやってるから、肘の使い方も上手いんだろう。

主にカット目的のために使うのだが、普通ならばれてしまう。
しかし、そこは巧妙な技術というか
パンチのあとに、そのまま流れるように肘を当てるのだ。
すると、実際にはパンチが先に当たっているので
ほとんどの場合がヒッティングによる出血。
つまり、パンチで出血したとみなされるのである。

ポンサクも、もしかしたらこういう技術を使えるのかもしれない。


タイソンも時々肘を使っていた。
というかタイソンは、結構反則まがいのことを、色々やってはいたのだが。
耳噛み事件もそうだが、頭突き、肘、クリンチ際の関節極めなど。

でも、どうやら海外ではそういう技術も教えるようだ。
やりかたもわかれば、防ぎ方もわかるということだろうか。

今の時代、VTRでそういう反則はわかってしまう。
それでもまだそういう技術をうまく使う選手がいるということは
それだけの効果が反則にはあるということだろう。





俺は、ボクシングのリングが神聖だとか
反則を絶対にしてはいけないだとか
そんなことを言うつもりはない。

ただ、今回の亀田の反則は、勝つための反則ではなかった。
肘は相当練習しなければ、レフリーにばれずにカットさせることは難しいし、
投げなどもってのほかだ。
文字どうり、試合を投げたとしか思えない。

大毅にもそれなりに見るものはあった試合なのに、
後半の反則ですべてがぶち壊しだったと思う。
それが陣営の指示だとしたら、なおのことだ。
勝つ気があるなら、あんなことは普通させない。



今回の件で、亀田親子はなんらかの処分をうけるだろう。
おそらく、半年間のライセンス停止処分にという方向にまとまるはず。
永久追放しろという意見もあるだろうが
JBCがきちんと管理しておけばよかった話なのだ。
今回も、本来なら肉親がセコンドには入れないルールだったらしいのだが
色々あり、JBCが独断で容認したとのこと。

判定もそうだ。 ランダエタ1戦目。
俺の判定も、興毅が負けているように思えた。
そんなにポイントが離れた内容ではない。
ただ、最初のダウンがポイントに響いている。
そういう試合だった。

なのに、結果は興毅の判定勝ち。


世間の亀田家の評価は、一晩にして覆った。
八百長。
厳密に言うと、地元判定で八百長とは違うのだが
そういう評価が亀田にまとわりつく。

視聴率をもった亀田だけに、日本のほとんどの人があの現場を目撃していた。
何か、裏の力が働いたと。
そう思われてもしかたのない判定だった。
俺は、マスコミの手のひらを返したようなバッシングに呆れていた。

責めるなら、亀田だけを責めるべきではない。
あの試合、興毅は精一杯戦った。
今回の大毅のような反則も無かった。

しかし世間は、判定をしたジャッジを責めるのではなく
バッシングは亀田興毅に集中した。
ランダエタは、逆にヒーローのようになっていた。



このバッシングに耐え、臨んだランダエタ2戦目。
結果は文句なしの判定勝ちだった。
しかし、一度低くなった評価は取りもどせない。

足を使って判定まで逃げ回ったとか
ランダエタが八百長をしたのだの。
今度はランダエタまで疑い始めたのだ。
これはマスコミでなく、世間の疑惑なのだが
そういう流れにマスコミが持っていった感は間違いなくある。

きちんとランダエタに勝ったのに、最初の判定のせいで
こういう疑いがかけられるようになってしまった。

そして、今回の件。
やっぱりというか、マスコミ全体が亀田の敵に回ってしまった感じがする。
しでかしたことを考えればあたりまえなのだが・・・・
しかし・・・





・・・ともかく。
今回、内藤はよく頑張ったと思う。
その気になれば、次男の失格負けにさせることも出来たのだ。
ローブローにも、バッティングにも、サミングにも耐え
最後のプロレスにも耐えて、判定勝ちしたのだ。

流石の俺も、後半には内藤が勝つ流れだと思い始めていた。
ここまで反則をしたら、亀田にもう勝てる流れはなかったよ。
勝負の勝ち負けでなく、どちらが勝つべき流れかというか・・・

俺も、反則で好きな選手が勝っては、あまり喜べない。
亀田に限らず、そういうアクシデントで
好きな選手が勝ってしまった場合もあるが
いつも微妙な気分になっていた。



内藤は、もう亀田家とやるつもりはないらしい。
あそこまで反則されては、自分のボクサー生命が心配だと。
俺も、次男に関しては今迄の基準がゆるすぎたと思う。
かならずと言っていいほどプッシュが目立った。
身体の力があることは、今回証明されたし
本当はもっと前から公平なジャッジの元で試合をするべきだったのだ。

殴られはしたが、サンチェス戦など次男にもいい試合はあるのだ。
あの試合、俺は次男の勝ちかドローと判断した。
後半アッパーを打ち込まれたが、前半のポイントを守って最後まで頑張った
いい試合だったと思う。

ああいう試合を数多くこなしていれば、
今回の内藤戦もあんな結果にはならなかっただろうに。



今回の件で、亀田家はしばらく姿を消すことになるかもしれない。
俺は長男の試合がみたかったのだが、こういうことになってしまっては仕方がない。
きちんと罰を受けいれ、またリングで戦う姿を見せてほしい。



俺は、亀田興毅は結構好きなのだ

ボクサーとしても、人間としても。
ZONEのころから見ている。
そういう人も多いのではないか?


亀田家というよりは、亀田興毅のファンなのかもしれない。
・・・いいじゃないか。
世間では、こんなバッシングばかりなんだ。
俺みたいなひねくれものが、一人くらい居たっていいじゃないか。

反則はいけない。
だから、罰を受けるのもわかる。
でも、俺はまだ、興毅の試合が見たいのだ。

こんな風に思う男が、一人くらい居てもいいだろ。










(モドル)